「腰痛は怒りである」|田無の整骨院ならK's Family(ケーズファミリー)整骨院へ

ケーズファミリー整骨院

image

院長の独り言

「腰痛は怒りである」

数年前に「腰痛は怒りである」という本が発行されまして、

借りて読んだ事があります。

 

 

 

 

数年前に一度読んだだけなのでうろ覚えなのですが、ザックリ言うと

人は怒り(ストレス)を感じると有痛物質を放出する為に腰痛になる

という内容だったと思います。

 

 

 

 

大変面白い本ですので詳しく知りたい方は読んでみる事をお奨め致しますが。

 

 

 

 

腰痛解消の為の内容だと筋・骨格のメカニズムや運動学に準ずる物が殆どの中、

この切り口から腰痛の分析をしている事にセンセーショナルを受けると同時に

やはりな」なんて思いをしたのも覚えています。

 

 

 

 

怒り」の感情を抱く原因は二つだそうです。

 

 

 

 

一つ目  「何かを奪われた(奪われる)と感じた時

 

 

二つ目  「何かを思い通りにしたい(出来ない)と感じた時

 

 

 

 

では、何を奪われたと感じているのでしょうか?

 

何を思い通りにしたいと感じているのでしょうか?

 

 

 

 

何故、奪われたと感じているのでしょうか?

 

何故、思い通りにならないのでしょうか?

 

 

 

 

一つ目と二つ目、よく考えると拮抗していませんかね?

 

 

 

 

後は考えてみて下さい。

答えはご自身でしか見つかりませんので。

それでは。

 

 

ケーズファミリー整骨院

ページトップへ戻る