海面と網様体賦活系、|田無の整骨院ならK's Family(ケーズファミリー)整骨院へ

ケーズファミリー整骨院

image

院長の独り言

網様体賦活系、

 

「意識」の話の続きですが、

私は勿論「脳科学」は専門ではないですし、実際に解明されている分野でも

無いので推測を混ぜながら書いているという事をご了承下さいね~。

 

 

顕在意識 + 潜在意識  意識」なのですが、

この「意識」の中に落とし込まれる前に選別されます。

潜在意識」は「経験」などを「情報化」して少しづつ蓄積していくのですが、

顕在意識」で確認した全てを蓄積する訳ではなく、自分にとっては「重要

な経験や事柄を取捨選択しています。

 

 

 

 

 

その取捨選択をする為のフィルターがあるのですが、

それを「RAS(Reticular  Activating  System)」と呼び、

身体の部位だと脳幹の「網様体賦活系(もうようたいふかつけい)」

という器官が働いているそうです。

 

 

 

 

 

人間の脳は1秒間だけでも処理できない程の膨大な量の情報を受け取って

いるのですが、その内フィルターを通って脳に入って来るのは

約2億分の1ぐらいになるそうです。

殆どカットされちゃっていますが、自分に必要の無い情報はやはり必要無いので

無駄を省く為に必要な機能ですね。

 

 

 

 

 

そもそも現代人の一日の情報量は江戸時代の人の一生分にも

匹敵するそうです。如何に現代が「情報樹海」かが分かりますね。

 

 

 

 

 

RAS」の働きを例えると

車が好きな人にとってはパッと見ただけで

「~~~社の~~~って車種」と即座に分かったりしますが、

車に興味が無い人にとっては見てもさっぱり分かりませんよね?

さっぱり分からないし興味も無いので、その後も分からないままです。

RAS」が弾いているのでしょうね。

 

 

 

 

 

すごくイヤな体験や怖い思いをした時には「RAS」を通って「潜在意識」に

刻まれます。

いわゆる「トラウマ」です。

同じ様な体験を二度としない様に「潜在意識」に記憶してしまう為に

なかなか拭えません。

ですが、防衛本能としても必要ですよね。

 

 

 

 

 

この様に「RAS」にはどうも「個性」があり各々自分にとって興味・関心のある事や

必要と感じる事を自動的に且つ「無作為」的に選別している様に思います。

 

 

 

 

 

 

実は「無作為」に感じて「無作為」じゃなかったりするのかもしれないですが

これも全部書くとややこしくなりそうなので後回しにします。

 

 

 

 

 

うんと簡単に言っちゃえば

情報を取捨選択して潜在意識に記録している。」

という事なのですが、どうやらここに問題が起こっている為に身体にも

問題が起こるのでは?なんて考えたりしているのですが・・・

 

 

 

 

 

~独り言~

 

 

もし、自分以外の誰かが「RAS」を作為的にコントロール出来るとしたら・・・?

いや、むしろ既にされているとしたら・・・?

 

 

 

 

なんてサスペンス的な(笑)

 

 

 

 

 

長くなるので続きはまた~

皆さま、良い週末を (^.^)/~~~

 

 

ケーズファミリー整骨院

 

 

ページトップへ戻る