味わいかた|田無の整骨院ならK's Family(ケーズファミリー)整骨院へ

ケーズファミリー整骨院

image

院長の独り言

味わいかた

古い友人で所謂「ハンディキャップ」の友人が居ます。

生まれつき下半身が不自由で、成人になった今でも生活は車椅子での移動です。

でも彼は、とても行動派なので遠方までよく一人で出掛けています。

 

 

彼が前に言った言葉ですが、

「出かけると駅とかで『大変ですね』って声を掛けてくれる人居るけど、オレ生まれてから

こうだから大変て言われても、よく分かんないんだよねぇ」

 

 

車椅子が無くても移動できる人から見れば、車椅子が無ければ移動できない彼は「不自由」に

見えているのでしょうね。

 

 

それも視点の違いなのでしょうが。

 

 

世の中は自由が「善」で不自由は「悪」の様な認識が有るのかもしれません。

だけど人はわざわざお金を払い、時間を使ってまで恐怖感を味わう乗り物に乗りに行ったり、

悲しみを味わう映画を見たり、怒りや憤りを味わうニュースや雑誌を買ったり。

 

 

日頃、嫌だと言っている割には実はその感覚や感情を味わって楽しみたいんじゃないのか?

と思えてなりません(笑)

 

 

病に罹れば確かにそれまでよりかは自由度が下がります。

どれほど下がるかは人によりますが。

 

 

だけど、ひょっとしたら不自由ですら味わい楽しもうとしているのかもしれない。

言い換えれば「今までが今よりも自由だった」と自由を噛みしめて味わっているのかも

知れないですね。

 

 

もう一回言い換えれば「いやいやそれを楽しんでますよね?(笑)」かもですね。

 

 

お楽しみ様です。

それではフォースと共にあらんことを。

 

ページトップへ戻る