超医学⑤ 質問と選択|田無の整骨院ならK's Family(ケーズファミリー)整骨院へ

ケーズファミリー整骨院

image

院長の独り言

超医学⑤ 質問と選択

「問題が起こった」

何か想定しない事があった場合、こう言うと思います。

 

 

残念ながら、何年・何十年と生きていて問題が起こった事が無い人はいないでしょう。

 

 

身体に例えてもそうですが、怪我や不調に見舞われる場合は殆どが想定外の筈です。

 

 

「問題」というと少し重くなるかもしれませんが、

「問題」=Question 、Question=「質問」

「質問」に変換すると少し楽しい感じになりませんか?(笑)

 

 

身体が不調になった時、それは質問です。

その質問にどう回答するかの選択肢はほぼ無限です。

 

 

病院に行く、治療院に行く。

なら何を基準に探すのか?

場所か評判か、はたまた値段か。

 

 

生活習慣を見直す。

なら何を見直すのか?

食事か、睡眠時間か、仕事か、運動不足か、人間関係か。

それとも全部か。

 

 

はたまた誰からも聞いた事の無いような回答を求められているのか。

 

 

そもそも「人間の『頭』では推し量れない」という認識すらないから

想定外の事にいちいち恐れおののいてしまうのでしょうけど。

 

 

些細な事でも質問と選択の連続です。

その回答に何を選択し、点と点を結んで線にするのは自分次第ですよね。

 

 

今夜、あそこの店で絶対あれを食べよう。とワクワクしながら出掛けてみたら、まさかの

休みだった。

なら、次はどうしますか?(笑)

正解」は無くて選択した「結果」があるだけですよね。

只、それだけです。

 

 

それではフォースと共にあらんことを。

 

 

 

ページトップへ戻る